• 入試情報
  • 資料請求
  • アクセス
  • 理学部第二部 Facebook page
  • 夜力~4時からのよぢから~ EVENING CAMPUS TOUR 2015
  • 東京理科大学本学サイト
  • 入学を検討している方
  • 高校生の方
  • 社会人の方
  • 保護者の方

高校生の方へ

  • HOME
  • 高校生の方へ

高校生の方へ

夜間学部というと、皆さんは、

「夜間学部って、何かイメージ暗い…」「普通の4年制大学と何が違うのだろう…」「社会人ばかりなのでは…」

こうした印象や疑問を持たれるのではないでしょうか?
しかし理学部第二部は、神楽坂の夜の賑わいに勝るとも劣らない、とても明るい学部であることをはじめに断言しておきます。

高校生の方へ

通常の4年制大学だけど…

理学部第二部は「夜間部」=「社会人ばかりの学部」ではなく、「夜間部」=「学びたいことを、学びたい時に学べる学部」

数字で知る!理学部第二部」をご参照いただけるとお分かりのように、近年社会人よりも新卒者の方が在籍比率は高くなってきています。また、年齢だけでなく職業、目的等様々な学生がいるのも事実です。さらに、学内の施設に関しては、第二部の学生でも使用可能なため、昼の時間帯や施設を有効に使って学んでいる学生も数多くいます。

第二部の特徴は?

理学部第一部と同じ授業が受けられること

物理学科の学生実験(左)と、実験結果のプレゼンテーション(右)。パワーポイントを使って、実験結果を教員、学生にプレゼンテーションする。

昼間部(理学部第一部)と同等の授業内容

理学部第二部では、第一部と変わらない授業を実施しています。東京理科大学では、理学部第一部(昼間部)、理学部第二部(夜間部)と明確に分かれていて、それぞれ独立した学部として教育・研究の面で互いに密な連携を取り合いながら運営を行っています。そのため、理学部第二部専任の教員が存在し、学生の教育を担当しているのです。教員全員が世界の第一線で活躍する研究者であり、教育内容は他学部、他大学と比べても、胸を張って誇れる内容だと確信しています。

スケジュールが非常にタイトであること

数学科の授業(左)とコンピュータ室での演習(右)

タイトなスケジュール

理学部第二部最大の特徴は、授業が夕方から夜にかけて行われることと、1日の授業数が平日は3コマしかなく、良くも悪くも時間割がタイトになっていることです。
集中した時間割で濃密な授業を受けることができる反面、化学科、物理学科での学生実験は、必修授業を2限、3限のみに設置している関係上、第一部に比べて時間が短くなります。その分、複数週にわたる課題を設けることによって、この問題をクリアしていますが、実験の総時間数はどうしても短くなります。
また、授業間の休憩時間が短いことも挙げられます。それぞれ、1限と2限の間が20分、2限と3限の間が10分です。その間に軽食を摂ったり、教室間を移動したりする必要があることは学生にとっても厳しい部分になっていると感じていますが、逆にタイトである分、多くの時間を有効に使うことができるとも考えています。

教員免許取得のためのサポート体制

教員免許取得のためのサポート体制

化学科の授業(左)と学生実験(右)。

日本で唯一教員免許が取得できる夜間理学部

理学部第二部は、中学・高校の理科・数学・情報の教員免許を取得できる唯一の夜間理学部です。教職課程に関しては、大学の教職支援センターを中心に様々な取り組みを実施。理学部第二部においても、毎年多数の教員免許取得者を輩出しています。

最後に一言付け加えておくと、理科大は第一部・第二部問わず伝統的に卒業が難しい大学です。教員も真剣に授業をしているので、学生の皆さんも、どうか真剣に授業に取り組んでください。

理学部第二部をもっと知るなら!
  • 理二の学生・OBOG・先生が語る 理科大Voice
  • キャンパスギャラリー
  • 入試情報
PAGE TOP