▶ 理学部第二部の歴史
▶ 名誉教授/歴代学部長紹介
▶ 学部のあゆみ(年表)
▶ 実績データ
▶ 学部設立、独立の経緯
▶ 過去の取り組み
  • 入試情報
  • 資料請求
  • アクセス
  • 理学部第二部 Facebook page
  • 夜力~4時からのよぢから~ EVENING CAMPUS TOUR 2015
  • 東京理科大学本学サイト
  • 入学を検討している方
  • 高校生の方
  • 社会人の方
  • 保護者の方

名誉教授/歴代学部長

  • HOME
  • 名誉教授/歴代学部長紹介

名誉教授

  • 今道 周一 今道 周一 授与日:1980/9/1
    専門:地球物理学(地磁気観測)

    長崎県出身。
    地磁気研究所初代所長、地球電磁気・地球惑星圏学会評議員、柿岡地磁気観測所長などを歴任。 地磁気観測の権威と称され、テヘラン大学で学術的指導経験もある。

    昭和40年11月勲三等旭日中綬章受賞。
    「概説物理実験学」「地球磁氣學」など著書多数。

    初代学部長の項目もご参照ください。

  • 大竹 周一 大竹 周一 授与日:1982/3/1
    専門:金属物理学(物性と結晶構造)

    昭和16年、東京物理学校高等師範科理化学部卒業。昭和39年4月、地学部第二部物理学科に着任。
    評議員・理事などを歴任され、昭和57年3月に気管支肺炎のため死去。勲四等瑞宝章受賞。

    「夜間学部としては日本最大にして、最優秀な理学部となり、他大学二部の羨望の的になっている学部に育て上げた君の功績は顕著なものでありました。」(昭和57年4月、宇喜多義昌学部長の追悼文より抜粋)

  • 宮沢 雄治 宮沢 雄治 授与日:1985/2/24
    専門:生体高分子

    昭和5年2月11日山梨県生まれ。
    昭和26年理学部第二部化学科入学。第一部に転部され卒業後、東京教育大学大学院に進み、昭和35年に高分子の分子量分布に関する研究で理学博士号を授与された。
    昭和42年4月、理学部第二部化学科に助教授として着任され、昭和48年教授に昇任。

    昭和60年2月24日、入学試験の執務中に脳卒中により55歳の若さで急逝。同日付で名誉教授号を授与されました。

    研究教育面での功労は幾多にあまり、本学部にとって掛替えのない先生でありました。(昭和60年4月、森信雄学部長の追悼文より抜粋)

  • 大島 久 大島 久 授与日:1997/3/12
    専門:生物物理学

    生物細胞やこれに関連した諸問題(生物細胞間の電気的相互作用、筋細胞膜の電気的諸特性、過渡現象と細胞膜の物理モデルなど)を攻究された。

    昭和40年4月ルイジアナ大学より本学部に着任。

    第8代学部長の項目もご参照ください。

  • 森 信雄 森 信雄 授与日:1997/4/1
    専門:有機化学(糖質の立体構造、分子内相互作用など)

    昭和36年当時、都築洋次郎先生の研究室に講師(後に助教授に昇任)として所属。

    オキシ酸の糖の誘導体を作るという、都築先生の研究テーマに取り組まれ、後にノーベル生理学・医学賞を受賞する大村智先生を指導された。

    大村先生とは、オキシ酸内の水素結合の様子を研究されていた。
    たいへん実直で真面目、いつも姿勢を崩さない几帳面な先生だった。(大村智先生へのインタビューより抜粋)

    第7代学部長の項目もご参照ください。

  • 松尾 吉知 松尾 吉知 授与日:1997/4/1
    専門:位相空間論、数学教育

    大阪府出身。
    東京物理学校高等師範科数学部卒業。
    開成高校教諭、武蔵高校教諭、日本数学教育学会会長、日本連合教育会理事、東京理科大学数学教育研究会会長などを歴任。

    本学での弟子は5,000人を数え、中学高校の校長先生になった者も相当数おり、二代続けて松尾先生に師事した生徒も少なくない。
    平成4年4月勲四等瑞宝章受章。

    第5代学部長の項目もご参照ください。

  • 宇喜多 義昌 宇喜多 義昌 授与日:1999/4/1
    専門:数理統計学(実験計画法)

    香川県高松市出身。
    北海道帝國大學理学部数学科卒業。
    平成13年4月29日勲三等瑞宝章受賞。

    第4代学部長の項目もご参照ください。

  • 木塚 晴夫 木塚 晴夫 授与日:2002/3/25
    専門:文学、ヨーロッパ文学(英文学を除く)

    カリフォルニア大学(バークレー本校) 政治(国際関係)卒業。
    日本時事英語学会理事などを歴任。
    「時事英作文入門」「英字新聞を読む辞典」など、著書多数。

  • 渡邉 昭二 渡邉 昭二 授与日:2002/3/25
    専門:フィンスラー幾何学

    フィンスラー幾何学に関して京都大学関係の研究者と交流を持ち、毎年小研究会を開催されていた。
    理事長室委員会や学長室委員会の委員を歴任された。

    教育面では自ら幾何学の教科書を執筆され、地学部第二部数学科の1年次関門科目で使用するなど、教育熱心だった。初学者には難解なところもあったようだが、数学の理解が深まった学生からは、よくまとまっている教科書として定評があった。

    第9代学部長の項目もご参照ください。

  • 田中 公二 田中 公二 授与日:2003/1/16
    専門:高分子化合物

    高分子化合物の構造と分子運動、アイオノマーの合成と物性、高分子結晶、炭素化学、高分子化合物による水蒸気ならびに有機蒸気の吸着などについて研究。

    昭和38年の学部独立当時、理学部第二部化学科の専任教員は田中公二先生と飯村一賀先生の2名しかおらず、草創期の理学部第二部を支えられた。昭和41年10月、化学科主任に補せられ、初の専任教員による主任となった。

  • 川端 潔 川端 潔 授与日:2008/11/13
    専門:宇宙物理(宇宙論、光多重散乱理論、数値シュミレーション)

    京都大学理学部宇宙物理学科卒業。ペンシルヴァニア州立大学大学院理学研究科天文学専攻博士課程。

    コロンビア大学の研究員を経て、NASA ゴダード宇宙科学研究所(GISS) の研究員となり、パイオニア金星探査オービターの偏光度観測プロジェクトにも参画された。

    マンガでわかるシリーズの「量子力学」「宇宙」を監修。

    第13代学部長の項目もご参照ください。

  • 宮崎 忠 宮崎 忠 授与日:2008/11/13
    専門:理論物理学(素粒子論)

    昭和47年4月、東京教育大学より着任。

    学科主任・大学院幹事をはじめ、学生部委員会・理事長室委員会など多くの委員を歴任。

  • 近藤 昇一 近藤 昇一 授与日:2010/6/10
    専門:液晶科学

    昭和50年4月、理学部第一部化学科より配置換えとして、本学部に着任。第12代学部長。

    理学部第二部の存続か廃止かという問題が取り沙汰される中、改革案を取りまとめるなど、二部改革の先駆けを実践された学部長。

    社会人特別選抜の導入や、現在の広報活動の嚆矢となる、二部独自のパンフレットを初めて作成(平成28年度まで継続)などの改革を遂げた。

    第12代学部長の項目もご参照ください。

  • >新妻 弘 新妻 弘 授与日:2013/11/14
    専門:代数幾何学(可換代数、可換環のP-基底、高階微分)、数学教育

    第14代学部長。

    自己点検評価報告書の作成、A方式入学試験導入、大学院進学率が初の20%超、募集定員削減などの改革を遂げた。

    新妻学部長時代、理学部第二部は志願者数が減り続け、存続さえも危ぶまれる中、教員人事改革・定員数削減・カリキュラム改革など、着実に実績を残されてきた。
    今日の理学部第二部が存在するのは、新妻学部長を始め、当時の教授総会が一丸となって、体制をさせてきたからに他ならない。

    第14代学部長の項目もご参照ください。

  • 増田 秀夫 増田 秀夫 授与日:2015/6/11
    専門:言語学、英語学

    昭和51年4月1日に理学部第二部に着任されて以来、37年間にわたり英語の授業を担当。

    特に、学会等で英語で講演することを目的とした科目である「英語プレゼンテーション」は、永らく本学部の看板科目でもあった。日本英語表現学会の理事や会長を歴任される傍ら、辞書作成にも心血を注がれ、11冊もの辞書の執筆、編集に携わられた。

  • 佐藤 毅 佐藤 毅 授与日:2015/6/11
    専門:有機化学

    昭和45年、本学薬学部製薬学科卒業。
    昭和47年、本学薬学部助手、平成元年、同講師。

    平成8年に理学部第二部化学科に助教授として着任され、平成12年、教授に昇任された。有機化合物の新合成方法を開拓することをテーマに精力的に研究に取り組まれた。

    平成21年、日本薬学会学術貢献賞受賞。平成25年、東京都功労者表彰(技術振興功労)

    第15代学部長の項目もご参照ください。

  • 鈴木 彰 鈴木 彰 授与日:2016/11/10
    専門:物性理論(非平衡統計力学基礎論)

    平成5年に理学部第二部物理学科に助教授として着任。傾斜磁場中のフォノン共鳴や、メゾスコピック系の電子輸送等を始め、専門は多岐に渡り精力的に研究に取り組まれた。

    特にPhysical Review誌に掲載された混合アルカリ効果、サイクロトロン共鳴、非線形電気伝導理論の基礎研究は、内外の研究者から高い評価を得ている。

  • 伊藤 眞義 伊藤 眞義 授与日:2016/11/10
    専門: 複合化学、高分子化学

    繊維学会関東支部常任幹事、関東支部長、繊維学会理事、日本ゴム協会 関東支部幹事、関東支部常任幹事、関東支部副支部長などを歴任。

    1994年、繊維学会賞受賞。

名誉教授/歴代学部長紹介

  • 今道 周一 初代学部長 今道 周一 昭和38年4月1日~昭和40年1月31日

    長崎県出身。
    地磁気研究所初代所長、地球電磁気・地球惑星圏学会評議員、柿岡地磁気観測所長などを歴任。 地磁気観測の権威と称され、テヘラン大学で学術的指導経験もある。

    昭和40年11月勲三等旭日中綬章受賞。
    「概説物理実験学」「地球磁氣學」など著書多数。

    名誉教授の項目もご参照ください。

  • 三田 巌 第2代学部長 三田 巌 昭和40年2月1日~昭和42年3月31日

    コメント準備中

  • 野附 誠夫 第3代学部長 野附 誠夫 昭和42年4月1日~昭和44年3月31日

    山形県最上郡出身。
    東京天文台物理部長、日本天文学会理事長、東京大学教授などを歴任。

    太平洋戦争中、日食外のコロナを観測するコロナグラフの計画を進めるがやむなく中断。昭和24年、乗鞍山塊摩利支天岳山頂にコロナ観測所を創設する。さらに、岡山天体物理観測所、堂平観測所、野辺山太陽電波観測所、木曽観測所、野辺山宇宙電波観測所などを創設し、天文学の権威と称された。

  • 宇喜多 義昌 第4代・第6代学部長 宇喜多 義昌 昭和44年4月1日~昭和52年9月30日
    昭和56年10月1日~昭和58年9月30日

    学生運動が盛んな時期を艱難辛苦とともに学部長として乗り切られた。

    隆盛著しかった時代の理学部専攻科の運営にも取り組まれた。学生定員増や、教員定員増などの改革を遂げられた。

    名誉教授の項目もご参照ください。

  • 松尾 吉知 第5代学部長 松尾 吉知 昭和42年4月1日~昭和44年3月31日

    大阪府出身。
    東京物理学校高等師範科数学部卒業。
    開成高校教諭、武蔵高校教諭、日本数学教育学会会長、日本連合教育会理事、東京理科大学数学教育研究会会長などを歴任。

    本学での弟子は5,000人を数え、中学高校の校長先生になった者も相当数おり、二代続けて松尾先生に師事した生徒も少なくない。
    平成4年4月勲四等瑞宝章受章。

    名誉教授の項目もご参照ください。

  • 森 信雄 第7代・第11代学部長 森 信雄 昭和58年10月1日~昭和62年9月30日
    平成5年10月1日~平成8年6月4日

    平成7年度には、授業時間を70分から90分に拡大、授業時間を全学で統一などの改革を遂げた。

    名誉教授の項目もご参照ください。

  • 大島 久 第8代・第10代学部長 大島 久 昭和62年10月1日~平成元年9月30日
    平成3年10月1日~平成5年9月30日

    生物細胞やこれに関連した諸問題(生物細胞間の電気的相互作用、筋細胞膜の電気的諸特性、過渡現象と細胞膜の物理モデルなど)を攻究された。

    昭和40年4月ルイジアナ大学より本学部に着任。

    名誉教授の項目もご参照ください。

  • 渡邉 昭二 第9代学部長 渡邉 昭二 平成元年10月1日~平成3年9月30日

    生涯教育を視野に入れた門戸の拡張、半期講義科目を多数提供することによる聴講生制度の充実化、時代を反映したカリキュラムの検討、中学高等学校教員を対象とした夏期大学の検討、出張講義など、理学部第二部の生き残りと一層の発展のためにいくつもの知恵を絞り、改革案を提示した。

    名誉教授の項目もご参照ください。

  • 近藤 昇一 第12代学部長・第11代事務取扱 近藤 昇一 平成8年6月5日~平成8年6月30日
    平成8年7月1日~平成11年9月30日

    理学部第二部の存続か廃止かという問題が取り沙汰される中、改革案を取りまとめるなど、二部改革の先駆けを実践された学部長。

    社会人特別選抜の導入や、現在の広報活動の嚆矢となる、二部独自のパンフレットを初めて作成(平成28年度まで継続)などの改革を遂げた。

    名誉教授の項目もご参照ください。

  • 川端 潔 第13代学部長 川端 潔 平成11年10月1日~平成13年9月30日

    職場長推薦制度を復活させるなどの改革を遂げた。

    名誉教授の項目もご参照ください。

  • >新妻 弘 第14代学部長 新妻 弘 平成13年10月1日~平成19年9月30日

    専門:代数幾何学(可換代数、可換環のP-基底、高階微分)、数学教育

    自己点検評価報告書の作成、A方式入学試験導入、大学院進学率が初の20%超、募集定員削減などの改革を遂げた。

    新妻学部長時代、理学部第二部は志願者数が減り続け、存続さえも危ぶまれる中、教員人事改革・定員数削減・カリキュラム改革など、着実に実績を残されてきた。
    今日の理学部第二部が存在するのは、新妻学部長を始め、当時の教授総会が一丸となって、体制をさせてきたからに他ならない。

    名誉教授の項目もご参照ください。

  • 佐藤 毅 第15代学部長 佐藤 毅 平成19年10月1日~平成21年9月30日

    専門:有機化学

    昭和45年、本学薬学部製薬学科卒業。昭和47年、本学薬学部助手、平成元年、同講師。

    平成8年に理学部第二部化学科に助教授として着任され、平成12年、教授に昇任された。有機化合物の新合成方法を開拓することをテーマに精力的に研究に取り組まれた。

    平成21年、日本薬学会学術貢献賞受賞。
    平成25年、東京都功労者表彰(技術振興功労)

    名誉教授の項目もご参照ください。

  • 吉岡 朗 第16代学部長 吉岡 朗 平成21年10月1日~平成25年9月30日

    専門は、シンプレクティック幾何学。

    金町キャンパス移転に関して、理学部が分裂の危機に直面するなど、教授総会が大変荒れていた時代を乗り切った柔軟性に富む安定感のある学部長。

    理工学部数学科で助手を努め、工学部第二部でも教鞭をとり、学内でいくつも異動を経験するという珍しい経歴をもつ。

  • 目黒 多加志 第17代学部長 目黒 多加志 平成25年10月1日~現在

    専門は、表面物理学・薄膜・表面界面物性(負の電子親和力、電子放出、ナノ構造)

    夜のオープンキャンパスの開催、理学部第二部HP、FaceBookの作成、120校を超える高校訪問、自己点検評価委員会の開催、学部長付きタスクフォースを始動させるなど、新しいことを次々と計画、実行に移すバイタリティー溢れる学部長。

    理化学研究所で20年以上にも亘り、原子層マニピュレーション、多価イオン誘起表面反応の研究に従事され、本学に着任。

PAGE TOP