• 入試情報
  • 資料請求
  • アクセス
  • 理学部第二部 Facebook page
  • 夜力~4時からのよぢから~ EVENING CAMPUS TOUR 2015
  • 東京理科大学本学サイト
  • 入学を検討している方
  • 高校生の方
  • 社会人の方
  • 保護者の方

社会人の方へ

  • HOME
  • 社会人の方へ

社会人の方へ

働きながらでも通学を可能とする環境

働きながらでも通学を可能とする環境

理学部第二部がある神楽坂キャンパスは、JRや東京メトロ、都営大江戸線飯田橋駅から徒歩数分圏内に集中し、都心で働く社会人学生にとっては絶好の立地条件を有しています。
また、社会人の勤務時間を考慮し、1限にはどの学科も必修科目を開講しておりません。したがって、社会人の方でも、卒業に必要な単位が4年で履修できるようにカリキュラムを組んでいます。
さらに、卒業研究に関しても、学科ごとにフレキシブルなカリキュラムをご用意。4年生で研究室配属されると勤務に支障が出てしまう場合にも、柔軟な対応が可能です。

理学部第二部のパワーの源

多様かつ多彩な社会人学生たち

現在では、社会人学生の割合は1〜2割程度と、以前に比べて人数は減っています。しかし、極めて明確かつ具体的な目標を持っている学生が多く、理学部第二部のパワーの根源になっているといっても過言ではありません。 また、ひと口に「社会人」と言っても、実に様々な方たちがいらっしゃいます。大学でより深い知識を得てスキルアップを目指す方、理由があって理学部受験を諦めざるを得なかったが、やはり理学を学びたいために大学に入り直す方、教師への夢を捨てきれず教員免許取得を目指す方等々、学ぶ目的は異なっても、その意欲とパワーは他の学生たちにも非常にいい影響を与えています。そんな学生たちの思いに応えていけるよう、教員一同真剣に授業に向き合っていき続けたいと考えています。

現在、1限に必修科目を入れないことの弊害として、教員の専門分野の講義が1限にある場合、履修を諦めざるを得ないことが挙げられます。
このような問題を解決し、さらにはもっと変則的な勤務時間の方にも対応できるように、様々な施策を検討中です。現在のカリキュラム編成でも通学が難しいと諦めていた方たちにも、今後新たな選択肢を提供していきたいと考えています。
ご関心・ご興味のある方はいつでもお気軽にご相談ください。

社会人学生の修士論文の指導を行う教員(数学科)。

社会人学生の修士論文の指導を行う教員(数学科)。

世代を超えた二人の卒研生が共同で行った卒業研究の発表会(物理学科)。

世代を超えた二人の卒研生が共同で行った卒業研究の発表会(物理学科)。

理学部第二部をもっと知るなら!
  • 理二の学生・OBOG・先生が語る 理科大Voice
  • キャンパスギャラリー
  • 入試情報
PAGE TOP