• 入試情報
  • 資料請求
  • アクセス
  • 理学部第二部 Facebook page
  • 夜力~4時からのよぢから~ EVENING CAMPUS TOUR 2015
  • 東京理科大学本学サイト
  • 入学を検討している方
  • 高校生の方
  • 社会人の方
  • 保護者の方

理二の学生・OBOG・先生が語る 理科大Voice

理学部第二部OBで、現役教員

  • 教職員
  • 理学部第二部物理学科准教授 西尾 太一郎先生

【理2の志望理由】
 志望理由は、昼間の時間を自由に使えるからです。大学に入る前は音楽が一番好きで、二番目に科学、特に物理という順序でした。音楽への道を進むべきか、それとも科学者を目指すのか迷っていました。そこで昼間の時間を音楽のために使い、夜間に物理の勉強をしようということで理2の物理学科を受験しました。それから、理学部という名前にも興味を引かれました。国立大学以外では応用系の学科が入った理工学部といった形が主流ですが、理工学部というのは応用研究をしているところというイメージをもっていました。基礎について勉強し、研究もしたいと考えていましたので、理学部に進もうという気持ちでした。そういうことで理2というのは自分にとってはユニークな存在でした。

【理2のいいところ】
 社会人学生が多いので、理2の授業の雰囲気は昼間の学部とだいぶ違います。社会人学生は自主性をもって講義を受けていますので、講義に出ると周りから勉強をやらされている感を感じません。講義で毎回それを感じますので、周りから感化され自分自信でもモチベーションを保ちながら、講義を受け続けることができました。それは大学のあるべき姿と重なりますが、それが理2において実現しているという事はいいところであるし、凄いところでもあると思います。

【理2のここが変わるといいと思うところ】
 女子学生が増えると学園生活がもっと楽しくなると思います。変わってほしくないところは、自由な校風です。

【受験生に一言】
 神楽坂キャンパスへ、ぜひ見学に来てください。神楽坂は都心にありますが、人情味あふれる魅力的な街です。キャンパスには囲いがなく、ちょうどキャンパスが街に溶け込んだような感じになっています。他の大学にはない洗練されたキャンパスの独特な雰囲気を体感してください。

【略歴】
1996年 東京理科大学理学部第2部物理学科卒業。2001年筑波大学大学院工学研究科修了(博士(工学))。オランダ王立ライデン大学、ベルギー王国ルーヴァン・カトリック大学助手を経て、現在、東京理科大学理学部第2部物理学科准教授。

理学部第二部OBで、現役教員

オープンキャンパスでの研究室公開。

理学部第二部OBで、現役教員

物理学科の卒研発表会にて。

PAGE TOP