▶ 理学部第二部の歴史
▶ 名誉教授/歴代学部長紹介
▶ 学部のあゆみ(年表)
▶ 実績データ
▶ 学部設立、独立の経緯
▶ 過去の取り組み
  • 入試情報
  • 資料請求
  • アクセス
  • 理学部第二部 Facebook page
  • 夜力~4時からのよぢから~ EVENING CAMPUS TOUR 2015
  • 東京理科大学本学サイト
  • 入学を検討している方
  • 高校生の方
  • 社会人の方
  • 保護者の方

理二の学生・OBOG・先生が語る 理科大Voice

これから二部の入学を考えている皆様へ。

  • 学生
  • 東京理科大学理学部第二部数学科・鈴木りかさん 【2017年度ミス理科大グランプリ】

みなさん、初めまして。東京理科大学理学部第二部数学科の鈴木りかです。私が高校生の時、第一志望は一部の学科でしたが入試で上手くいかず、二部数学科に入学しました。入学当初は第一志望ではないこと、また夕方から始まる授業に抵抗もありました。しかし、折角与えられたこの環境を生かし、大学生活を悔いのないものにしたいと考え、様々なことに挑戦しようと思いました。そこで、お昼にアルバイトをしたり、親元を離れて外国人の方々とシェアハウスをしたり、またサークル活動に積極的に参加する等して、学生生活を満喫してきました。

 そんな生活を続けてく中、ある日先輩にミスコンに参加してみない?と誘いを受けました。ミスコンに参加することは大変なことであると聞いていたので当初は悩みましたが、折角の機会なので参加することにしました。ミスコン活動を始めて間もなく、「顔がでかい!頭が悪そう!」といった、いわれのない悪意をネットで受けました。最初はまじめに対応していましたが、何を言っても叩かれるのなら、開き直って自分の好きなことを、好きなように発信しようと思いました。そこからミスコン活動が楽しくなって、いつの間にか夢中になっていました。

 また数学科で学んだ知識を生かし、多くの反響を得るためにはどうすればいいかを考え、ツイッターで発信する際、過去のデータから統計を用いて受信者が一番見ていると思われる時間を推測し、発信するようしました。結果的にTwitterのフォロワーも1万を超え、また幸運にもグランプリを取ることが出来ました。

 二部に進学を考えるとき、殆どの人が不安に感じると思いますし、私も最初は不安でした。しかしながら、二部に入学して良かったことが沢山あります!昼は自分で選択して行動をできる時間が多くあるんです。これは二部だから…ではなく、二部ならではの!いいところだと考えます。私の場合は、ミスコンに参加することで大学生活をより有意義なものにできた気がします。

 みなさんも二部数学科なら夢中になれる目標ができると思います。

これから二部の入学を考えている皆様へ。

理科大のりかです

これから二部の入学を考えている皆様へ。

石川県に旅行に行った時に撮ったもの。着物や浴衣を着るのが大好きです!

PAGE TOP