▶ 理学部第二部の歴史
▶ 名誉教授/歴代学部長紹介
▶ 学部のあゆみ(年表)
▶ 実績データ
▶ 学部設立、独立の経緯
▶ 過去の取り組み
  • 入試情報
  • 資料請求
  • アクセス
  • 理学部第二部 Facebook page
  • 夜力~4時からのよぢから~ EVENING CAMPUS TOUR 2015
  • 東京理科大学本学サイト
  • 長期履修制度
  • 入学を検討している方
  • 高校生の方
  • 社会人の方
  • 保護者の方

理二Awards & Prizes 受賞者 Voice

  • HOME
  • 理二 Awards&Prizes 受賞者 Voice

理二 Awards&Prizes 受賞者 Voice

理学部第二部の教員や学生(大学院生等の場合は過去に在籍されていた方を含む。)、及びサークルなどで、
研究や教育、文化的活動、社会貢献等に関して受賞された方々、団体を紹介します。

夜間学部でも、貴重な時間を有効に使い、知識と経験を積んで各界で活躍されている方々がたくさんおられます。
自分の目標に向かって一心に打ち込んでいるときほど至福なことはないでしょう。ときには遊んだり、体を休めることも大切です。
これから本学に入学を希望される皆さんは、長いようで短い時間をどのようなことに使ってみたいですか。

本学理学部第二部物理学科四年・黒木悠矢さんが、 「日本語表現法3」(本年度前期)において創作した短歌が、「「第26回「前田純孝賞」学生短歌コンクール〈大学生の部〉」の「新温泉町教育長賞」に入選いたしました。

第26回「前田純孝賞」学生短歌コンクール〈大学生の部〉

黒木悠矢さん(物理学科)

「日本語表現法3(小林真美先生)」を本年度前期に受講し黒木悠矢さんが、新温泉町(兵庫県)・新温泉町教育委員会・神戸新聞社が主催する「「第26回「前田純孝賞」学生短歌コンクール」の〈大学生の部〉において、「新温泉町教育長賞」に入選いたしました。
 「「前田純孝賞」学生短歌コンクール」は、明治時代に、与謝野鉄幹より「東の啄木、西の翠渓(=前田純孝の雅号)」との評価を受けるなど、石川啄木と並び称された歌人・前田純孝を顕彰するとともに、次代を担う若いひとに向けて、短歌への関心を促すことを目的とした、短歌コンクールです。兵庫県・兵庫県教育委員会・兵庫県歌人クラブ等を後援に置き、〈大学生の部〉は、佐佐木幸綱氏(「心の花」主宰・編集長、早稲田大学名誉教授)が選者を務めています。
 今回は、〈中・高校生の部〉をも合わせて、全6,211首の応募がありました。
 黒木さんの作品は、「新温泉町教育長賞」入選作品5首の1首として選出され、入選者の全作品を記した作品集のほか、入選を讃えた賞状が贈られています。

入選作品
「軒先に雀ら集い雨宿り「もうすぐ春だね」なんて言いつつ」

★参考ホームページアドレス★
新温泉町
https://www.town.shinonsen.hyogo.jp/

第26回「前田純孝賞」学生短歌コンクールの審査結果について
https://www.town.shinonsen.hyogo.jp/page/index.php?mode=detail&detail_mode=guide&page_id=347d2b5e894d5545924667ac93a1504b

第26回「前田純孝賞」学生短歌コンクール・入賞作品一覧
https://www.town.shinonsen.hyogo.jp/uppdf/1613707446.pdf

物理学科の長嶋教授が第24回松尾財団宅間宏記念学術賞を受賞しました

第24回松尾財団宅間宏記念学術賞

物理学科 長嶋泰之教授

受賞題目:ポジトロニウム負イオンの高効率生成とその展開

内容:本賞は、大学等の機関において原子分子物理学と量子エレクトロニクスの研究に従事して顕著な業績を挙げた研究者に贈られる賞です。
長嶋教授の研究室では、電子の反粒子である陽電子が電子2個と束縛したポジトロニウム負イオンの研究で様々な研究を行ってきました。ポジトロニウム負イオンは、質量が等しい粒子からなる、もっとも単純で、しかし極めてエキゾチックな3体束縛状態です。長嶋教授がこれまで行ったポジトロニウム負イオンに関する研究業績に対して、松尾学術賞が授与されました。

受賞日:2020年10月19日

公益算団法人松尾学術振興財団のホームページ

大学公式ホームページ
研究室ホームページ

理学部第二部数学科准教授の伊藤弘道先生が2019年度日本数学会函数方程式論分科会福原賞を受賞されました.

2019年度日本数学会函数方程式論分科会福原賞

理学部第二部数学科准教授 伊藤 弘道先生

福原賞は,函数方程式論分科会設立に尽力された故福原満洲雄教授にちなんで2009年度に創設された賞で,函数方程式論で特に優秀な業績を挙げた新進・中堅の研究者に授与される賞です.伊藤先生は,亀裂などの特異性を含む弾性力学における偏微分方程式論の研究に大きく貢献したことが認められ受賞されました.

本学理学部第二部化学科卒業生(2019年度)・高久敦さんが、「日本語表現法4」(昨年度後期)において創作した俳句が、「第三十一回伊藤園お〜いお茶新俳句大賞」の「佳作」に入選いたしました。

第三十一回伊藤園お〜いお茶新俳句大賞

高久敦さん(化学科卒業生(2019年度))

「日本語表現法4(小林真美先生)」を昨年度後期に受講した高久敦さん(2019年度卒業生)が、伊藤園新俳句大賞実行委員会主催「第三十一回伊藤園お〜いお茶新俳句大賞」において、「佳作」に入選いたしました。
 「伊藤園お〜いお茶新俳句大賞」は、現在までに、累計応募総数3,765万句を超え、最も大きな規模でありながら、身近な俳句コンクールとして、広く知られています。
 今回は、昨年度と並ぶ、1,954,888句の応募がありました。
 高久さんの作品は、佳作入選作品の一句として選出されました。高久さんには、後日、入賞入選者の全作品を掲載した作品集「自由語り」、並びに賞状が贈られます。

入選作品
 「蚊が来ない室内キャンプハンモック」

★参考ホームページアドレス★
 「伊藤園お〜いお茶新俳句大賞」HP

本学理学部第二部化学科二年・川口貴大さんが、 「日本語表現法3」(本年度前期)において創作した短歌が、「第十四回全日本学生・ジュニア短歌大会」の「奨励賞」に入選いたしました。

第十四回全日本学生・ジュニア短歌大会 奨励賞

川口貴大さん(化学科)

「日本語表現法3(小林真美先生)」を本年度前期に受講した川口貴大さんが、日本歌人クラブ主催「第十四回全日本学生・ジュニア短歌大会」の<高校生・大学専門学生の部>において、「奨励賞」に入選いたしました。
 「全日本学生・ジュニア短歌大会」は、日本最大の歌人団体である日本歌人クラブが主催し、後援に文化庁・毎日新聞社・東京都教育委員会を置く、小学生から大学専門学生を対象とする短歌コンクールです。
 今回は、<小学生・中学生の部>をも合わせ、全4,929首の応募がありました。
 川口さんの作品は、「奨励賞」入選作品11首の1首として選出され、大会開催時に発行された、入賞入選者の全作品を記した入選作品集に掲載されているほか、入選を讃えた賞状が贈られています。

入選作品
「鉄の音周りに多く響きたり去るときまでも警笛鳴らす」

★参考ホームページアドレス★
日本歌人クラブ
https://www.nihonkajinclub.com/
全日本学生・ジュニア短歌大会
https://www.nihonkajinclub.com/日本歌人クラブの主な活動/全日本学生-ジュニア短歌大会/

    next
PAGE TOP