▶ 理学部第二部の歴史
▶ 名誉教授/歴代学部長紹介
▶ 学部のあゆみ(年表)
▶ 実績データ
▶ 学部設立、独立の経緯
▶ 過去の取り組み
  • 入試情報
  • 資料請求
  • アクセス
  • 理学部第二部 Facebook page
  • 夜力~4時からのよぢから~ EVENING CAMPUS TOUR 2015
  • 東京理科大学本学サイト
  • 長期履修制度
  • 入学を検討している方
  • 高校生の方
  • 社会人の方
  • 保護者の方

長期履修制度

  • HOME
  • 長期履修制度

長期履修制度

仕事はあるけれども理学を学びたい、忙しい社会人の方に向けた新制度です。

卒業に必要な単位を取得するまでに5年以上かかることが入学前から明らかな場合、有用な制度です。
長期履修制度を利用して5年から6年の在学しても、入学から卒業までにかかる学費の総額(授業料+施設設備費)は、通常4年間で卒業する場合とほぼ同額になります。
卒業に必要な単位(124単位)以上習得しても総支払額は変動しません。
通常4年分の学費で5年以上在学できるので、仕事に合わせて無理のない時間割が組みやすく、経済的なメリットが大きい制度です。

  • *長期履修制度の適用は社会人特別選抜入学試験(1年次)にて入学した学生かつ、1年次の10月頃にある募集に
    申請する必要があります。
  • *A方式・B方式・推薦入学試験にて入学した学生または編入生は、社会人であっても申請ができません。

本制度の対象者

社会人特別選抜入学試験(1年次)で合格した者かつ就業者であり、1年次の関門科目を修得した2年次生です。
※申請時に職業(週30時間以上勤務している者)を有しており、在学中にわたり、職業を有していると見込まれる方

  • 関門科目は1年生の指定必修科目です。各学科の関門科目は以下の通りです。
  • ・数学科:数学概論・解析学1・代数学1・幾何学1A
  • ・物理学科:微分積分学・入門力学・入門電磁気学
  • ・化学科:基礎無機化学・基礎有機化学・基礎物理化学

長期履修制度Q&A

導入時期はいつですか。

2020年4月の入学者からです。
2年次からの適用のため実際の制度実施時期は2021年4月からになります。

長期履修制度に定員はありますか。

社会人特別選抜で入学する約40名程度のうち、若干名です。

長期履修制度に関して相談できる教員はいますか。

1年次の秋の申請時に面談を行います。
面談した教員が卒業するまでの間、メンター教員として対応します。
長期履修制度に係る相談(単位取得計画等)についていつでもメンター教員に相談できることができます。毎年秋に面談を行い、履修計画の確認・修正を行います。

長期履修期間を延長することはできますか。

延長や短縮は1回に限り可能です。
例えば、5年計画の長期履修制度だったものを6年に変更、6年計画の長期履修制度だったものを5年に変更することができます。

6(5)年の長期履修が認められていたにもかかわらず、5(4)年間で単位を取り切った場合、
最後の1年分の学費はどうなりますか。

卒業年次に、学費の残額も合わせて払っていただきます。

休学することは可能ですか。

半年間の休学は認めませんが、1年間の休学は可能です。

転学部・転学科は認めますか。

転学部は認めませんが、転学科に関してはメンター教員と相談し、受け入れ先の学科が認めれば可能です。

長期履修制度を選択したことによって修業年数が長くなるので、履歴書上留年したように見えてしまいます。
証明書等の発行は可能ですか。

存学証明書や卒業証明書には、長期履修制度適用者であることが分かるように配慮をします。

理学部第二部をもっと知るなら!
  • 理二の学生・OBOG・先生が語る 理科大Voice
  • キャンパスギャラリー
  • 入試情報
PAGE TOP