▶ 理学部第二部の歴史
▶ 名誉教授/歴代学部長紹介
▶ 学部のあゆみ(年表)
▶ 実績データ
▶ 学部設立、独立の経緯
▶ 過去の取り組み
  • 入試情報
  • 資料請求
  • アクセス
  • 理学部第二部 Facebook page
  • 夜力~4時からのよぢから~ EVENING CAMPUS TOUR 2015
  • 東京理科大学本学サイト
  • 入学を検討している方
  • 高校生の方
  • 社会人の方
  • 保護者の方

理二の学生・OBOG・先生が語る 理科大Voice

教員による卒業研究生紹介(数学科・佐藤研究室)

  • 学生
  • 藤本 健吾さん、渡辺 充彦さん(数学科)

皆さん,こんにちは.理学部第二部数学科の教員をしている佐藤と申します.

今回は,教員の私が研究室の学生2名を紹介させて頂きます.お二人ともこの4月から公立中学校の教員になられる予定です.

藤本さんには,佐藤研独自のアンケートにお答えいただきました.アルバイトとの両立や,小学校での教育実習のお話など,豊富な話題が満載です.詳細はこちらをご覧ください.

渡辺さんには,本学の広報課を通して大学案内のパンフレットにご協力いただきました.出来上がり次第,このHPでも紹介しますので,乞うご期待です.

聞くところによると,お二人とも,兄弟がいて学費の面で親御さんに苦労をかけたくなかったことから,学費の安い理二を志望されたとのことです.ただ,もともとは国立大学が第一志望だったようで,今でも時折負い目に感じることがあるようです.しかしながら,明治の建学以来の関門制度を堅持する本学で所定の単位を修得し,難関の教員採用試験を突破した今であれば,そのように感じる必要はもうないでしょう.私はそのように思います.

理二には社会人や転・編入学生,シニアの学生などいろいろな学生が在籍しています.良くも悪くも人間関係に揉まれることと思います.また,時間を有効に使えるので,いろいろな経験ができます.深夜のテーマパークで人知れず苦労して清掃に励んだアルバイト,小学校での指導補助を通した子供たちとの触れ合いなど,あらゆる経験がこれからの教師としての人生に必要な糧として,有意義に作用することでしょう.お二人とも,口を揃えて理二に入って良かったと言っておられました.

私は,中学時代の理科の恩師に,「素晴らしい力を持っている」とあゆみに書かれたことがことのほか嬉しかったのがきっかけで教師を目指しました.多感な時期の教師の言葉は何よりも重いものがあると思います.と同時に,「みんな佐藤君のような生徒ばかりならこの仕事に何の苦労もありませんよ.」とも言われ,生徒指導に四苦八苦する先生の苦労・辛さを想像したものでした.

ここ数年,毎年,私の研究室から新しく中学・高校の先生になる学生が何人も巣立っています.希望に満ちた彼らの目を見るとき,過去に教員採用試験に落ちたことがある身としては,羨ましい気持が半分で,残りは,どうやったら試験に受かるのか根掘り葉掘り聞いてみたいという気持ちが半分です.しかしながら,日頃,「わからないことを何でもかんでも教員に聞くな.まずは考えて自分の意見を述べるように.」と指導している手前,とても聞けるわけがありません.

 私が合格できなかった試験を,何人もの学生に突破されると凹むこともありますが,よくやってくれたという気持ちの方がはるかに大きいです.これから,辛いことも,苦しいこともたくさん待ち受けていると思いますが,すでに,藍より青い彼らならきっと乗り越えてくれるものと確信しています.ぜひ多くの生徒に慕われる素晴らしい先生になってください.

気がつけば今年も,自慢の学生たちを送り出せる学位記授与式が待ち遠しい季節になりました.

文責:理学部第二部数学科 佐藤 隆夫

教員による卒業研究生紹介(数学科・佐藤研究室)

渡辺充彦さん(左)と藤本健吾さん(右)

教員による卒業研究生紹介(数学科・佐藤研究室)

小学校給食で残った牛乳を手にポーズ!

PAGE TOP