▶ 理学部第二部の歴史
▶ 名誉教授/歴代学部長紹介
▶ 学部のあゆみ(年表)
▶ 実績データ
▶ 学部設立、独立の経緯
▶ 過去の取り組み
  • 入試情報
  • 資料請求
  • アクセス
  • 理学部第二部 Facebook page
  • 夜力~4時からのよぢから~ EVENING CAMPUS TOUR 2015
  • 東京理科大学本学サイト
  • 入学を検討している方
  • 高校生の方
  • 社会人の方
  • 保護者の方

理科大Knowledge & 理二プレスルーム

  • HOME
  • 理科大Knowledge & 理二プレスルーム

理科大Knowledge & 理二プレスルーム

東京理科大学および、理窓会やこうよう会などの諸団体が各種広報誌を出しておりますが、そこでも理学部第二部の関係の記事を多く取り上げていただいております。ここでは、記事になったものの一部を紹介したいと思います。

東京理料大学報
TUS Journal
(広報課)

大学パンフレット
(広報課)

2部パンフレット
(広報課)

理大科学フォーラム
(広報課・出版センター)

理科大学新聞
(東京理科大学新聞会)

FD通信
(教育開発センター)

理数教育フォーラム
(理数教育研究センター)

GSC通信
(グローバルサイエンスキャンパス)

Rika Rika
(広報課・フリーペーパー)

理窓
(理窓会*)

TUS Alumni Today
(理窓会*、理科大Todayより改名)

理科大Today
(理窓会*)

浩洋
(こうよう会**)

理二プレスルーム

  • 雑誌名
  • 記事タイトル
  • 出版年
  • フリーワード
教員・研究室 FD通信 (2019年04月)

学外FD研修・セミナー参加報告 理二教養・宮添 輝美先生

教養の宮添先生の記事(「学生の学びや成長に向き合うための学修成果の可視化について」参加報告)がFD通信57号に掲載されています.

学生・OBOG 理窓 (2019年01月)

がんばる同窓 宮崎豊和氏(理学部第二部数学科卒業)が自立奨励賞を受賞

1986年に理学部第二部数学科を卒業された宮崎豊和氏がの自立奨励賞を受賞されました.その記事が,理窓(2019年1月号)の大学トピックス(13ページ)に掲載されています.

学生・OBOG 学外メディア (2018年11月)

週刊碁 秋季関東学生リーグ

先日【今、理科大囲碁部が熱い!】でご紹介した囲碁部の活動に関して、週刊碁の紙面で秋季関東リーグの様子や、早稲田大学との対戦における主将戦での、阪谷さんの棋譜が紹介されております。

写真は、公益社団法人・日本棋院出版部の許可をいただき転載しております。

学生・OBOG Rika Rika (2018年11月)

めっちゃイケてる?!サークルメンバー募集! ゆるーく楽しむがモットーな放研♪放送研究部RBC

Vol.028で、理二数学科3年に在籍する安納舞音さんが、部長を務める放送研究部RBCの活動等に関して紹介しています。

教員・研究室 理大科学フォーラム (2018年10月)

今どきの大学生 今の大学生、かつての大学生

理学部第二部化学科の青木健一先生の寄稿が掲載されています(p.46)

イベント 浩洋 (2018年10月)

学生たちの活躍! 昼なのに夜力 〜理学部第二部オープンキャンパス〜

6/23(土)に神楽坂キャンパスで開かれた「昼なのに夜力」の様子がp.14 - 15で紹介されており、イベントの詳細や協力してくれた学生の方達のコメント等が紹介されています。

イベント 浩洋 (2018年10月)

夏季リーダーズキャンプ II部体育会本部役員「夏季リーダーズキャンプ」を演出!

II部体育会は例年、夏休みの恒例行事として、夏季リーダースキャンプを開催しています。8/21、22、千葉県岩井海岸で実施した今年のリーダースキャンプの様子が、p.9 - 11にわたって紹介されています。

サークル 浩洋 (2018年01月)

学生たちの活躍! 1年間の総仕上げとして定期総会を開催!後輩たちにバトンをつなぐ!!

学生たちの活躍のページに、II部体育会本部役員が3ページにわたって紹介されています(p.12-14)

サークル 浩洋 (2018年01月)

クラブ・サークル クローズアップ II部体育会 軟式野球部

クラブ・サークルクローズアップのページに、II部体育会・軟式野球部が取り上げられ、3年生引退試合の様子や全国大会出場時のエピソード、部員のコメント等が紹介されています(p.60-61)。

サークル 浩洋 (2018年01月)

ホームカミングデー キッズプログラム

2017年10月29日に開かれたホームカミングデー2017の紹介記事で、キッズプログラムのコラムに、二部研究会化学研究部が紹介されています(p.10)。

PAGE TOP